2020年2月10日月曜日

試し履き結果 アディダス編

アディダス【Pro Next 2019 K プロネクスト 2019 K】


以下、商品説明より
快適な履き心地でゲームに望みたいのなら、このバッシュにお任せ。クッション性を高めるCloudfoamミッドソールが、ハードコートでの縦横無尽な走りをサポートする。さらに、切り替えデザインのアッパーが、集中力を切らすことなくディフェンダーを出し抜くプレーを導き、グリップ力のあるヘリンボーンパターンのアウトソールが、機敏な方向展開に貢献。
クラウドフォームクッションで、ソールもヘリンボーンパターンといのはプロスパークと同じ感じですが、重さがプロスパークよりもありました。

また、反面がレザーのため通気性でもプロスパークよりも悪いのでは?という感じがしました。



アディダス【Harden Stepback J ハーデンステップバック J】


以下、商品説明より
ジェームス・ハーデンへの憧れを見せつける。このジュニア向けのアディダス バスケットボールシューズは、日々の過酷な使用にも耐える摩擦耐性に優れた一足。コートでのステップを確かなものにする、ヘリボーンアウトソールを搭載。柔らかなクッショニングと幅広のフォアフットにより、試合後も快適な履き心地が持続する。
ハーデンのロゴが入ったローカットとミドルカットの中間のようなシューズ。

ローカットとミドルカットの良いとこどりなのか、それとも、どっちつかずなのかは、実際に体育館で使ってみないことにはわからない感じでした。

クッションはバウンスなので、体重が軽すぎると使いにくいと思いますが、3年生、4年生ぐらいからならば、良さそうな感じです。

0 件のコメント:

コメントを投稿