2020年2月6日木曜日

ランバード

家の子は使ったことがないのですし、今の家の子のチームで女子があまり使っていることはないのですが、チームに入りたてのころの低学年では男女ともに結構多くの子が履いていました。

今でも低学年の男子の中ではランバードのバッシュは結構見かけます。

アシックスと同じく、国内メーカーなので安心感があるのか、値段がお手頃なのか。

それとは別に、結構低学年の子が好む色使いが上手だったりというのもありそうな感じです。赤と黒とか、白に金とか、鮮やかなブルーを使っているとか、黒にピンクだとか、ちょっと派手めな感じで。

学年が上になるにつれて、使っている子はほとんどいなくなります。

最初の一足を試しに安くて安心感のある国内メーカーのもので、という感じなのかな?

それとも、上の子らがあまり使っていない、上手な子が履いているやつが格好良いなど、そんな感じで変化していくのかな?

理由はわからないのですが、アシックスを使っているから、ランバードを使っているから、アディダスを使っているから、ナイキを使っているから、アンダーアーマーを使っているから、っていう理由で上手になりやすいなんてことが変わることはないと思います。

このメーカーのシューズじゃ怪我しやすい、壊れやすい、滑りやすいというのも感じません。

そもそも、低学年初期なんて、球遊びをさせてもらいつつ、バスケっていうスポーツに親しむ期間であって、壊すほどの練習量もないですし、滑りやすくなる前に足のサイズが大きくなって買い替えですし。

ネットで探すと2000円割れのものまであるランバード。

最初に試すにはちょうど良いのかもしれないな、と最近になって思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿